タグ : Music

名前が計算理論・形式言語・プログラミングっぽい(謎?)曲たち

こんにちは。 2012年 6/23日にチューリング大先生の生誕100周年!! を迎えるということで今から Google のトップページがどんな風になるのか楽しみにしている今日この頃です。

ところで最近

ふとしたきっかけでタイトルにあるように名前が面白い曲に出会うことが多かったので、ここにいくつかリストアップしていきたいと思います。

“Regular Expression” by Broken Drum

iTunes Store

音楽のジャンル分けには詳しくないのですが、エレクトロニックでくくっていいのでしょうか。 ビシバシしててノリの良い曲です。個人的には Jubeatに入って欲しい 。僕は普通にBGMとして良く聴いてます。

え, iTunes store で Regular Expression っていう曲発見wwこれは買うしかない(キリッhttp://t.co/FFgOAnEa
@sinya8282
Ryoma Sin'ya

“Algorithm” by juncmodule

“Algorithm”を冠する曲は以外に多い(“アルゴリズムたいそう”然り)のですが, ここに選んだ曲の収録アルバム名も面白いです。ずばり「Syntax Error」

http://a1.mzstatic.com/us/r30/Music/67/50/2e/mzi.ypowghsk.170x170-75.jpg

iTunes Store

このアルバムは、全曲においてタイトルが我々プログラマにとって馴染み深いものばかりです。 “Debug”とか”Array”、”Assembler”とかそんなんです。なにこれw 個人的にはジャケットのデザインにも惹かれます。

皆さんも “Debug”を聞きながらデバッグ しましょう(謎)。

“Church – Turing Thesis” by DMX Krew

このエントリを書くきっかけになった曲です。Turing関連の書籍を探ってたら 今日見つけました 。 この曲が収録されているシングルのメイン曲”That Was Harder Than I Expected”というタイトルにもくすりときました。

http://a1.mzstatic.com/us/r1000/062/Music/bf/d8/32/mzi.jqulryiz.170x170-75.jpg

iTunes Store

聴いてみると、たしかに帰納的関数な趣、チューリングマシンのかっちりとしたイメージを同時に彷彿とさせる… わけでは特にありませんでした

“Context-Free Grammar for Alto” by Jackson Moore

http://a1.mzstatic.com/us/r30/Music/cc/38/c8/mzi.gwdpadev.170x170-75.jpg

iTunes Store

形式言語きたー!! しかも Jazz!! と発見したときはかなり興奮したのですが、 前衛的すぎて全く理解できなかった のでiTunesでの視聴のみに留まっています。

その他もろもろ

上原ひろみさんの「Another Mind」(XYZが最高!)にも”010101(Binary System)”という曲があったりします。 もっと探してみると、色々出てくるのでしょうがとりあえずここまで。

「他にも面白い曲あるよー」という話がありましたら是非教えて下さい :-)

 
Better Tag Cloud